地盤沈下対策協会は、地盤沈下・建物沈下・液状化対策を新技術で修正するハイテクノロジーの集団です。

熊本・大分地震へのお見舞い

このたび、熊本県、大分県での大地震により被災された皆様に深くお見舞い申し上げます。

多くの方が、避難所や災害により被害を受けたご自宅での生活に
不安な日々を送られているかと思います。

一刻も早く、復興への道が開かれますことを、心からお祈り申し上げます。

私達も地盤の強化に携わるものとして、少しでもお手伝いしたいと考えております。

ご注意下さい

ダブルロック工法 イメージ画像

地盤沈下修正と曳家のプロフェッショナル

私たち地盤沈下対策協会は、地盤沈下修正、曳家工事のプロフェッショナルが集まった協会です。
「ダブルロック工法で液材を注入して沈下修正を行う」ことはもちろん、建物を移動する技術を持っているので、「建物基礎ごと建物を持ち上げて軟弱地盤を耐久性のある良い地盤へ土壌改良を行う」ことや、「基礎を切り離した建物を持ち上げて土壌改良を行い基礎を作り直す」ことも可能です。(詳しくはこちらをご覧下さい。)

また、現在では他社で施工された地盤沈下修正工事後に起こった再沈下に対して再工事をさせていただくこともございます。

地盤沈下でお悩みの方は、ご相談だけでもお気軽ご連絡下さい。

※当協会では、協会として保証できる工法をすべて取り扱っております。
   どの工法が良いかはご相談ください。

すべての工法を淘汰する新世代 ダブルロック工法

地盤沈下対策協会では、これまで様々な工法を実際に施工してきました。
そしてその経験から、あらゆる工法の良いところを活かし、そしてまた問題点を修正することで導き出した答えが、新世代の『ダブルロック工法』なのです。

 

より強く。より長く。さらには『費用・工期』も従来工法の約半分に抑え、
そして自然環境にも配慮したことで、多くの方のご支持をいただいております。

詳しくはこちらから

地震対策・耐震ためにはダブルロック工法をおすすめしております。

鋼管杭圧入工法(アンダーピニング工法)では、大きな地震が起こった場合、地盤の液状化現象により同時に鋼管杭もずれてしまいます。このため、建物にも大きな損害が出ることがあります。

ダブルロック工法では、地盤そのものの支持力をあげるため、地震により、地盤全体が移動した場合でも、建物への影響を最小限に抑えることが出来ます。

協会10年保証には理由(わけ)があります。

地盤沈下対策協会では豊富な実績と経験から、協会として『保証できる』と確信した工法のみを施工しております。
その中でも、最も優れた工法としておすすめしているのが『ダブルロック工法』です。その他にも、どのような工法があるのか、そしてその特徴など、ご相談いただければ、状態や地盤、ご予算に合った提案をさせていただきます。お気軽にご相談下さい。

10年保証の理由
建物を傷つけず移動するプロフェッショナル だから沈下修正工事でも1歩先に行きます